ミモレット

最終更新日:2018/12/21  

ミモレット

 

日本人に特に人気のあるチーズのひとつが「ミモレット」です。

 

色がオレンジで目立ち、からすみ風味という言葉を添えると「食べてみたい」と思う人が多いです。

 

今はスーパーでも比較的簡単に見つけられ、知名度も高まっています。

 

この記事では、そんな日本人が好むチーズのひとつ「ミモレット」の特徴や食べ方を解説します。

 

 

 

ミモレットの基礎知識 ~ダニの力で熟成?

 

ミモレット ヴィエイユ

チーズの分類:ハード

産地:フランス(北西部)

原料乳:牛(殺菌乳)

固形分中乳脂肪:最低40%

 

ミモレットはフランス北部で主につくられるハードタイプのチーズです。

 

ミモレットは熟成期間によって呼び名があります。

 

〇jeune(ジュンヌ(若いという意味)):熟成2~6か月

〇demi vieille(ドゥミ・ヴィエイユ):熟成6~12か月

〇vieille(ヴィエイユ):熟成12~18か月

〇extra vieille(エクストラ・ヴィエイユ):熟成18~24か月

 

ミモレット ジュンヌは、明るいオレンジ色でセミハードくらいの柔らかさ、味わいもクセがなくマイルドなチーズです。

ミモレット ジュンヌ

 

ミモレット ヴィエイユは濃い茶色がかったオレンジで、生地は硬くなり、味わいはより凝縮して強く、風味もからすみのような旨味をともなう特有のものに変化します。

 

からすみ

 

日本ではこのヴィエイユが人気で、特にミモレットらしい魅力が味わえる18か月~24か月の「エクストラ ヴィエイユ」がおすすめです。

 

フランス産のミモレットは、つくり方にも特徴があります。

 

表面に「シロン」というコナダニを繁殖させて熟成させます。

 

そのため、表面は小さな穴が無数にあいてゴツゴツしています。

 

ミモレット 皮

 

それはコナダニが外皮についてチーズを食べることで生じます。

 

コナダニはカビを餌にするので、カビによる脂肪の分解を防ぐとともに、穴が表皮の表面積を増やし水分をコントロールする役割も果しています。

 

シロンは人を刺すダニとは違い、食べてもアレルギーや害を引き起こすことはありません。

 

 

ミモレットの名前の由来

 

ミモレットの名前は、フランス語で「半分柔らかい」を意味する「mi-mollet(ミ・モレット)」に由来します。

 

熟成の若いミモレットは柔らかくナイフでカットしやすいのでそのように呼ばれたのかもしれません。

 

ミモレット スライス

 

 

ミモレットの歴史!発祥はオランダ?

 

ルーツは不確かで今も主張の論争がありますが、オランダ発祥という説が有力です。

 

オランダ

 

ルイ14世時代のフランスは1672~1678年までオランダと戦争状態にあり、財務総監のコルベールはオランダの製品に高い関税をかけ、オランダのチーズを実質輸入禁止にします。

 

それによって北フランスでこれまで食べられていたチーズが入手できなくなったため、人気だったオランダのエダムというチーズをまねて作り始めたのがミモレットであると言われています。

 

エダム

 

現在フランスのミモレットは、北フランスのいくつかの地域でつくられています。

 

オランダでつくられ、フランス北部で熟成されるミモレットもあります。

 

2013年以来、アメリカの食品医薬品局は、ミモレットに寄生するシロンというコナダニを理由に税関で差し止めを行ってます。

 

 

ミモレットの作り方!チーズの色の原因はアナト―色素

 

①脱脂乳を温め、乳酸菌と凝乳酵素、アナト―色素(ベニノキの種子から抽出した天然の色素)を加えミルクを固める。

アナトー 色素

②凝乳を加熱、撹拌、洗浄を繰り返しホエイ(水分)を排出させる。

③カード(ホエイを除去した塊)を球状の型に詰める。

④型から取り出し、熟成。表皮をブラッシングし、さらにシロンというコナダニを付着させ熟成させる。

 

 

ミモレットの切り方

 

熟成の若いセミハードのタイプは、ハードナイフや包丁でカットします。

 

熟成が進んだハードなタイプは、切り方によって風味の感じ方が違ってきます。

 

スコップ形のアーモンドナイフでかち割り氷のようにチーズを砕いたり、厚めにカットするとより旨味をしっかり感じられます。

 

一方で、薄くスライスするような切り方をすると、風味をより感じやすくなります。

 

また、チーズをすりおろして料理にかけても美味しいのがミモレットの魅力です。

 

ミモレット 切り方

 

ミモレットをどのように楽しみたいかで切り方も変えてみましょう。

 

 

ミモレットの保存方法

 

ミモレットは、購入時に付いているチーズセロファンかアルミ箔、あるいはラップで包み、密閉容器に入れて冷蔵保存します。

 

ミモレット 保存

 

 

ミモレットの賞味期限

 

熟成期間の長いものであるほど日持ちします。

 

特に「エクストラ ヴィエイユ」レベルになると、賞味期限はほぼ無いようなものです。

 

とはいえ、基本的には早く食べきりましょう。

 

 

ミモレットの食べ方

 

チーズ自体にクセはなく、からすみ風味で日本人に馴染みやすい味わいのミモレット。

 

食べ方も多様です。

 

熟成の若いジュンヌは、サラダやサンドイッチの具材に入れる食べ方が主流です。

 

ミモレット サラダ

 

熟成の長いヴィエイユは、そのままおつまみとして。

 

あるいは、濃厚なからすみのイメージで料理にすりおろす食べ方もおすすめです。

 

ミモレット 料理

 

パスタやグラタン、和食とも大変マッチします。

 

 

通販で試すおすすめミモレット

 

お酒との相性は抜群のチーズ

 

熟成の若いジュンヌは、フルーティな白ワインが合います。

 

熟成したヴィエイユは、からすみのような風味が強くなるので、日本酒や焼酎ともよく合います。

 

日本酒

 

また、風味の強めのビールやウイスキーもおすすめです。

 

ワインならジュンヌと同様、赤よりも白ワインの方が好相性です。

 

 

ミモレットは日本人に馴染みやすいチーズ

 

ミモレット チーズ

 

オレンジ色の生地が特徴的なミモレット。

 

熟成期間が長いほど風味が増してきます。

 

一番おすすめは18か月以上熟成させからすみの風味が出てきたエクストラ・ヴィエイユです。

 

和食や日本酒などにも合わせられる、日本人には大変親しみやすいチーズです。

 

試したことのない方はぜひ召し上がってみてください。

 

 

スポンサードリンク